社会福祉法人 たちばな会

スマホメニュー

オレンジ学園

理念

社会福祉法人たちばな会 オレンジ学園は、人間としての尊厳を基本に、重度の知的と身体の障害をあわせ持ついわゆる重症心身障害児(者)の人々に思いやりのあるあたたかい療育を行い、地域社会と連携をはかりながら社会に貢献します。

基本方針

  1. いかなる人に対しても人間としての尊厳を忘れず、入所者の視点にたち療育を行います。
  2. 重症のこころ(知的)とからだ(身体)の障害を併せもついわゆる重症心身障害児(者)を理解すると同時に、その人のおかれた家族や社会のことも理解しながら、思いやりのあるあたたかい療育を行います。
  3. 地域社会と連携を交えながら、福祉サービスの拠点としての役割を果たしていきます。

事業内容

  • 医療Medical

    人格を重んじ、基礎疾患について継続的、かつ少しでも改善できる医学・医療の適応を考慮しながら診療を行います。

    常に心身状態の変化に留意し、急性・慢性感染症、けいれん、運動障害、栄養障害などの合併症予防に努めます。

    各部門の協力を得てチーム医療を積極的に実践し、入所者の生活の質が向上するように総合的な支援をします。

  • 看護Nurse

    最も弱い立場の方々の目線に立ち、「誠意」「信頼」「責任」を基盤に、入所者及びご家族の皆様の満足が得られるよう、親切で思いやりのある看護・療育を目指します。

    小さな命・貴重な命を守るため、日々の状態を把握し、異常にいち早く気づける観察力及び洞察力を身につけられるよう、自己研鑽に努めスキルアップを図ります。

  • 療育Treatment

    療育室では、入所者一人ひとりが好きなことや楽しめることを探し、それを大切にしながら活動しています。

    入所者に応じた、個別活動やグループ活動、幼児を対象にする「ちいさななかま」、誰でも参加できる「ゆうゆうたいむ」を年間計画に基づき実施しています。季節感を大切にしながら「やりたい!!」を少しでも引き出せるように、そして、それが日々の喜びにつなげられる療育活動を目指しています。

  • リハビリRehabilitation

    リハビリテーションには理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語聴覚療法(ST)、心理療法の4つの分野があります。

    運動機能や発達の維持向上を目的に、個々の入所者の状態を評価し、日常生活活動の獲得、呼吸・姿勢管理・感覚統合療法、発声発語訓練、摂食嚥下訓練、コミュニケーション能力の拡大や自己表現の促しによる情緒安定などを、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士が個別に実施しています。

ページトップ

〒899-4501 鹿児島県霧島市福山町福山838番地

0995-55-2121 0995-55-2151 houjinhonbu@sfc-tachibanakai.or.jp

お問合せ